兵庫ペット医療センター

メインメニュー

〒661-0025兵庫県尼崎市立花町3-1-5 tel:06-6428-2565

ワンちゃんネコちゃんの病気のお話

  • ご案内

猫の肥大型心筋症のお話

イメージ肥大型心筋症とは心臓の筋肉が厚くなり心臓がうまく機能しなくなる病気の総称です。
肥大型心筋症では無症状のねこちゃんも多いですが、急性に症状がでて致命的な経過をとる場合も少なくありません。肥大型心筋症では心臓の動きが悪くなるだけではなく、血液が固まってしまう病態(血栓症)になってしまうことが致死的な経過となる重要な要因となります。(典型的な血栓症の場合には後肢の麻痺や腎不全などが起こります。)

イメージ

原因は?

発症年齢は若齢から高齢までのどの年齢でも発症し、雄猫に多く発症する傾向があります。
若齢の場合には遺伝的な要素が強く関与しています。高齢の場合には甲状腺機能亢進症や高血圧に伴って肥大型心筋症になることがあります。

診断は?

超音波検査において心臓の筋肉の肥大を確認して診断します。
聴診、レントゲンや血液検査のみでの確定は困難です。

超音波検査は猫ちゃんの体を横にして行いますので性格上難しい場合もあります・・・

治療は?

心臓を保護する薬と血栓の予防薬の組み合わせになります。
血栓症を併発している場合には入院管理が必要となります。

最後に

健康診断やワクチン等で心臓の雑音を指摘された場合には積極的に超音波検査をする必要があります。肥大型心筋症の場合、聴診では正常の場合も多いため見落とされてしまっていることもあると思いますが、例えば運動や興奮をすると口をあけて呼吸するなどの症状がある場合、聴診において心雑音が聴こえなくても超音波検査を強くお勧めします。肥大型心筋症で命を落とす症例は少なくありませんが、適切な診断治療を行い、少しでも多くの症例を助けてあげられたらと思います。気になる点があれば気軽にスタッフにお声かけくださいね。