Hyogo Pet Medical CenterHyogo Pet Medical Center兵庫ペット医療センター尼崎本院

TEL 06-6428-2565

電話受付時間 10:00~22:30年中無休

ネット予約>夜間救急>

勤務表facebookInstagrumInstagrumLINE

Hyogo Pet Medical Center Amagasaki Main Hospital

SICKNESS

病気のお話し

異物の誤飲、誤食のお話し

イメージ人間の赤ちゃんもそうですが、なんでも口に入れたがる習性がペット達にもあります。誤飲や誤食はネコちゃんにもありますが、ワンちゃんの方が圧倒的に多く、明らかに若齢のペットの方が多いです。
食べてはいけないものとしては、中毒を起こす可能性のあるものや食道や腸に詰まってしまう可能性のあるものです。診断は飼い主様からの情報と、場合によってはレントゲンなどの画像診断を行い、適切な治療を行います。

当院でよく経験する誤飲

チョコレート、タマネギなどのネギ類、飼い主様の飲み薬、靴下、ひも(ネコちゃんでも注意が必要です)、つまようじが刺さった果物、焼き鳥(竹串ごと)、おもちゃ、鳥の骨など

処置・治療

ペットの大きさや体調、異物の大きさや種類、食べた後の経過時間にもよりますが、吐かせる処置、点滴、飲み薬、内視鏡(全身麻酔)、手術などといった処置、治療の中から選択していきます。

覚えておいてもらいたいこと

  • 異物をくわえているのを発見した場合
    動物が異物をくわえているところを慌てて取り戻そうとすると、そのままゴクッと飲み込んでしまうことがあるため、おやつで興味をそそるなど冷静な対応をしましょう。
  • 異物を食べてしまった場合は症状がないからといって放っておかずに早急に動物病院に相談をお願いします。吐かせる処置に関しては、飲み込んでからの経過時間が長いと実施できないことが多いです。
  • 何でも口にいれたがることが動物の習性ということを認識し、予防のためには日頃から飼育環境に口に入るような異物をおかないことが重要です。性格的に誤食を繰り返してしまうペットも少なくありません。このような場合はより徹底した飼育環境の整備が必要となります。