兵庫ペット医療センター

メインメニュー

〒661-0025兵庫県尼崎市立花町3-1-5 tel:06-6428-2565

ワンちゃんネコちゃんの病気のお話

  • ご案内

急性膵炎のお話

イラスト膵炎とは膵臓の炎症によりお腹の具合が悪くなってしまう病気です。
突然症状の現れる急性膵炎では血栓症や多臓器不全へと進行し、命にかかわる事もありますので早期診断および治療が重要になってきます。炎症が持続する慢性膵炎に陥ってしまうケースも少なくありません。

原因

膵臓から分泌されるタンパク質や脂肪を分解する酵素の量が増えて、自らの膵臓や腸管に作用してしまい炎症を起こすと言われています。
肥満などの体質によるものをはじめ、薬剤、脂肪分の多い食事、ストレスなども発症の原因になると考えられています。

症状

元気食欲の低下、嘔吐、下痢および腹痛などの症状を示します。
抱き上げる際やお腹を触ると嫌がったりすることもあります。

診断

まずは血液検査にてリパーゼという酵素の値をチェックします。
リパーゼが高値であった場合膵炎が疑わしくなりますが、この時点で確定ではありません。血液検査にて膵臓特異的リパーゼの検査に加え、腹部レントゲン、腹部超音波などを追加検査し、膵臓の状態を評価します。
*膵臓特異的リパーゼ
リパーゼの中で特に膵臓から分泌されているリパーゼのことをさします。
(リパーゼは全身組織から分泌されます。)

治療

基本的に点滴を実施し、膵臓の保護の為に、食事や水を控える場合もあります。重度の膵炎と判断した場合は、血栓の予防薬も使用します。
膵炎の特効薬はありませんので、症状に合わせた治療が基本となります。すなわち吐き気には吐き気止め、下痢の場合には下痢止めを、また痛みが強い場合には痛み止めを使用します。

予防

肥満にならないこと、食事の脂肪分を控える事が予防につながります。
膵炎は再発が多いので、一度膵炎になってしまった場合はより注意が必要です。

わからないことがあれば気軽に当院にご相談ください。