兵庫ペット医療センター

メインメニュー

〒661-0025兵庫県尼崎市立花町3-1-5 tel:06-6428-2565

ワンちゃんネコちゃんの病気のお話

  • ご案内

下痢症のお話

イラスト下痢は皆さんご存知ですね、下痢とは便に含まれる水分量が増加した状態をいいます。
軟らかい便や、水のような便、粘膜がついたような便のこともあります。
症状が一時的な場合や下痢以外に症状がなく元気な場合にはすぐに病院に行く必要はないかもしれません。
しかし以下の場合には救急を要する可能性があります。

こんなときはすぐに動物病院へ

  • 1歳未満の子犬や子猫(子犬、子猫は急激に衰弱する可能性があります。)
  • 下痢以外に症状がある場合。(例えば嘔吐を伴う、元気、食欲がなくなる等。)
  • 便に血が混ざる、便が黒い(下痢でなくても、便が黒い場合には病院へ。)
  • 便の中に虫や異物があった。
  • 下痢が激しい。
  • 元気、食欲はあっても下痢が続く、あるいは繰り返す場合。

下痢の原因は?

下痢をするから病気というわけではなく、例えば気候や環境の変化がストレスとなり下痢をする場合や、食べ物が合わなくて下痢をする場合(アレルギーなど)もあるでしょう。
病的な下痢の原因としては、細菌やウイルス、寄生虫などの感染症の他に炎症、腫瘍、消化酵素の不足、ホルモン性疾患(高齢の猫であれば甲状腺機能亢進症など)まで様々です。

まずは便検査!でも便検査以外が必要になることも・・・

まずは便検査です。病院に来院する際はできる限り便をご持参ください。
全身状態が悪い場合には血液検査やレントゲン検査などを追加する場合があります。特殊な腸炎では血液の精密検査、CT検査、内視鏡検査等の高度検査が必要になる場合もあります。

下痢の一般的な治療は?

  • 感染症の場合には、原因によって抗生物質や駆虫薬を使用します。
  • 食欲がない場合や脱水など栄養状態が悪い場合、または若齢の動物には点滴を行います。
  • 下痢止め、整腸剤などの対症療法も一般的です。

特殊な腸炎の場合には

一般的な下痢の治療に加え、原因の特定およびその治療となります。
例えばアレルギーが原因の場合はフードの変更を行い、腫瘍が原因であれば手術や抗癌剤の使用を考慮します。
体質が原因の下痢では生涯治療が必要となることが多いです。

最後に

下痢の原因は様々で、我々獣医師も原因の特定にはしばしば苦労します。
原因の特定のために必要な情報として飼い主様から得られる情報も大切です。
フードの変更、変わったものを食べた可能性(そういえばお父さんがお酒のつまみをあげた等)、下痢がいつからか、頻度がどれくらいか等の情報教えて頂けたら診療の助けになります。
下痢に限らず、ペットの便のことに関して気になることがあれば、いつでも当院にご相談くださいね。